骨・関節と痛み

【仙骨ニューテーション】(おじぎ位)と仙腸関節の関係

  • Pocket
  • LINEで送る

腰痛の問題発見に切っても切れない関係があるのはこの仙骨と寛骨(腸骨)の関係性です。

ここでは一般の方向けに解説しますが、かなり難しく理解するのに時間がかかる内容になっています。

どうしても抜けられない腰痛をお持ちの方ほど興味深く、謎の多いカテゴリーになりますので、じっくり理解できるまで読んでいただき観察してください。

一般向けですので骨盤の動きは左右差を考えず、またインターナル、エクスターナルの動きを無視し簡易化して説明しています。

まず初めに簡単な骨盤の構成をみていきましょう。

骨盤の構成

真ん中にある三角の骨が「仙骨」

左右にある平たい骨が「寛骨」(一枚の名前)

また寛骨は元々3つの骨が融合してできた骨のため腸骨、坐骨、恥骨と分けて呼ばれる場合があります。

仙骨と寛骨の上半分「腸骨」の関節を仙腸関節と呼びます。

仙骨ニューテーション(おじぎ位)

仙骨ニューテーション基礎
左上の小さな図が正常なニュートラルポジション

日本人の腰痛の人は仙骨のニューテーションが多いです。(上の図)

ニューテーションとは仙骨で考えると寛骨に対して仙骨が前のめりにおじぎおする方向の動きのことを言います。

仙骨と寛骨(骨盤の骨)と脊椎の関係性

仙骨ニュートラル(中立位)

仙骨ニュートラル中立位
×は目安になる位置の上後腸骨棘(PSS)

正常な体では仙骨の関節面が30度傾きがあり寛骨と脊椎とのバランスをたもっています。

仙骨ニューテーション一般論の教え

そして仙骨ニューテーションは教科書では腰椎過前弯になりやすいと書かれています。(下の図)

仙骨ニューテーション教科書理論
×は目安になる位置の上後腸骨棘(PSS)

仙骨ニューテーション臨床現場での立位姿勢チェック

本来、仙骨ニューテーションでは寛骨基準ではなく仙骨基準で体がバランスをとり、寛骨がカウンターニューテーション位になります。

【仙骨ニューテーション】での実際の体のバランス

仙骨ニューテーションおじぎ位
×は目安になる位置の上後腸骨棘(PSS)

上でお話ししたように、仙骨ニューテーションでは腰椎過前弯にはならず、実際臨床ではストレートまたは後弯になっていることが多いです。

仙骨のニューテーションとは実際立位で触診すると、「寛骨のポステリア、インフェリア」となります。

背筋が常時遠心性収縮で上体を支え、ハムストリングスが骨盤から下をクレーン式に引き支える。

この様にして日本人に多い、背筋緊張、腿裏短縮型の腰痛モデルが完成します。

【仙腸関節】ねじ式関節の作用

仙腸関節はねじ式の関節であり、「仙骨ニューテーション位」方向に動くにつれて関節の「あそび」が少なくなり締まっていく作用があります。

閉めすぎは動かない関節を作り他に影響する

教科書では仙骨ニューテーションは安定位とされていますが、関節はネジ状関節のため閉まりすぎている可能性があり、仙腸関節がサブラクセーション (不動関節)となっている場合があります。

仙腸関節が不動となると腰椎上部がポステリア(後方)になりぎっくり腰を起こしやすくなります。

腰椎は角度を失った仙骨の上でバランスを取ろうとするので楔形の閉まりが利用できずポステリア(後方)へと出てきます。

「おじぎ」の体位が不安に感じる時はこのような事が起こっている可能性が大きいです。

お辞儀をするとグキっとなりそうな気がするのは、すでに仙骨ニューテーション位になりそれ以上ネジ状関節をニューテーションさせる事で閉まりきり、ロックされる予感があるからです。

このような不安を持っている腰痛患者はお辞儀ができず、顔を洗うにも前傾体勢を取れなくなります。

激痛を伴う腰痛の場合多くは、この様な仙腸関節の問題が伴っていることが多いです。整形外科で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群と言われる方のほとんどは実際この問題による腰痛です。

体幹部の影響

また「仙骨ニューテーション」で仙腸関節の動きを制限させている時は、脊柱起立筋が常時遠心性収縮(緊張)状態になっているため疲労し短縮するため、腰椎は脊柱起立筋により、後方へ引かれる力が増します。

腰椎は上部が後方変位(ポステリア)になり、胸椎5,6,7番は前方変位または下方変位(アンテリア、インフェリア)になりやすいです。

よって背中に鈍痛や強いハリ感、胃腸障害が伴うことが多いです。泌尿器系に問題が出ることも少なくありません。

後頭骨の影響

後頭骨の左右どちらかは後方上方(posterior-superior)に変位します。

歯の高さの影響

歯の噛み合わせは左右どちらか、または両方の奥側の歯が低くなっている事が多い。

頸椎の影響

前弯が失われまっすぐ直立するようになり、首が凝りやすくなります。

胸椎の影響

胸を張り過ぎるような姿勢となり、みぞおちの横あたりの肋骨が胸やお腹よりせり出て見えてきます。

また、胸椎の港湾が失われてまっすぐ直立するようになり、胸椎5,6,7番辺りを真上から指で押されると痛みを感じます。

下肢の影響

それによりハムストリングスは常時遠心性収縮(緊張)が続き短縮していきます。

また下腿ではふくらはぎ側に疲労が溜まりやすく硬く柔軟性が無くなってきます。

歩き方の影響

歩き方は着地時に膝を伸ばしきる歩き方となり、ハムストリングスを多様しすぎ疲労し硬化、短縮していきます。

注意

フィットネス業界や治療家は欧米特にアメリカの影響を受けやすいと思います。新しいフィットネスや治療技術は輸入される場合が多いのですが、骨格の違う人種向けに開発されているフィットネスや治療法はそのまま日本人に利用されるとクライアントに怪我をさせることがあります。

フィットネスや治療法は元々健康目的でクライアントに利益をもたらすもののはずですが、欧米人向けに開発され研究され臨床がつまれた、技術は、そのまま利用されることで日本人クライアントに不利益を与え、トレーナーや治療家にもモチベーション低下を招きます。

新しい技術や、欧米最先端などという謳い文句には気をつけましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る

施術のご予約を受付しております。

世界中の人種を治療し得た豊富な経験より、あなたの複雑で複合化した体の症状を解決いたします。

どこへいっても治らなかった症状一度ご相談ください。

詳細はこちらから

 

おすすめ整体院


 

 

ルッケングルック自然療法整体院 ACA横浜サロンの基本情報


 

住所: 〒116-0011 神奈川県横浜市都筑区仲町台1丁目8-9 フェニックスコート204号室
電話番号: 080-3010-3301
受付時間: 火・水・金・土・日 11:00〜19:00
定休日: 月・木

 

院長経歴


 

院長経歴

厚生労働省認可法人日本カイロプラクティック推進協同組合ACA本部加盟
ドイツACAカイロプラクティック 会長
ドイツACAカイロプラクティック学院 代表
日本ACAスポーツカイロ研究会 理事

2013年〜 ドイツ・デュッセルドルフ院 院長 Rückenglück ACA Düsseldorf
 
2020年〜 日本・横浜院 院長 Rückenglück ACA Yokohama
 
プロレーシングライダーとして世界選手権、ドイツ選手権にて活躍、引退後に治療家に転身、日本にてカイロプラクティック、欧州にて自然療法、認知行動療法、運動療法、筋膜リリース療法を学ぶ。現在は定期的にドイツ院と日本院を行き来して活動中。それぞれの人種の筋骨格系を主に研究しそれぞれに適した療法を提案しています。
 

 

あなたの痛みの問題を解決します


 

あなたの痛みの問題を解決します

ひとりで悩んでいませんか?

・病院や他の治療院で原因不明と言われたが、本当にわからないのか?
・ずっと治療をしているが、いつまでも治らなくまた来てくださいと言われる。
・治療してもらったが、痛みや違和感がなくならない。

ルッケングルック自然療法整体院では、まず自分の身体の状態を知っていただいた上で、最新の療法や、一人一人に合った専門性の高い施術を提供しています。
20年後、30年後も自分の足で歩き引退後の自由な生活のための療法や予防法をあなたと一緒に考えていくサロンです。

 

ルッケングルック自然療法院の根本療法の流れ


 

ルッケングルック自然療法院の根本療法の流れ

ルッケングルック自然療法整体院では一時的に痛みを取るだけでなく根本的改善を施術理念のもと進めていきます。

対処的ではなく根本的に症状を改善することでこの先長く健康寿命を保つことができます。

ルッケングルック自然療法整体院では、正確な触診と超精密療法により根本的に症状改善をお手伝いし、あなたのQOL向上のお手伝いをしたいと考えています。

 

おすすめ記事


 

コメントを残す

*