代表プロフィール

院長 遠藤卓実

遠藤卓実

カイロプラクター

わたしは新潟県の小さな海沿いの街で生まれ育ち、若い頃の全ての時間をプロスポーツ活動に費やしました。引退後アトラスカイロプラクティック医学院にて「認定カイロプラクター、スポーツトレーナー」の称号を受け取りました。

現在日本に移住するまでにはドイツ、デュッセルドルフでの療法家として集中的な経験を積んでいました。これまでの私のクライアントには、「ドイツ国内劇場専属バレリーナ」「ドイツ国内専属オーケストラ団員」「日本強化指定オリンピック選手」「ドイツ大学病院外科医および看護師」「ドイツプロサッカーリーグブンデスリーガー」のプロアスリートやアーティストが含まれます。

カイロプラクティック療法は19歳のとき患者として出会い私の人生を大きく変えました。この経験から、私自身がカイロプラクターとなり、経験したカイロプラクティクの利点を共有するようになりました。健康と幸福を最大化するための全体的なアプローチとして療法家としてこれからも活動を続けていきます。