腰・股関節の痛み

【腰痛専門学校】科目1「認知行動療法」2限目「慢性腰痛と急性腰痛」

  • Pocket
  • LINEで送る

最も大きな分類【2パターン】『慢性』と『急性』

腰痛(慢性腰痛症)

腰痛

慢性腰痛は腰の重さや、軽度(動く事の出来る)の痛みが3ヶ月以上続くこととされています。

ここで一番大切な事は原因が生活習慣の乱れだと気がつく事です。早い段階でそれに気が付き改善できないと急性腰痛症に発展する可能性があります。

慢性腰痛の区別

慢性腰痛は大きく分けて2パターンあります。

  • 第一次慢性腰痛期のもの
  • 第二次慢性腰痛期以降のもの
第一次慢性腰痛期の一般評価

第一次慢性腰痛期は急性腰痛症を経験する前の状態で起こるものであり、大きな負傷による瘢痕組織の形成が少ない為それほど深刻な状態ではなくちょっとした生活習慣の改善で克服できます。

第二次慢性腰痛期の一般評価

いっぽう第二次慢性腰痛期以降の慢性腰痛は複雑化し要因も複合的であるため完全克服するにはそれほど容易ではありません。ひとつひとつ絡んだ糸をほどいていくように改善していかなければ克服はできません。

慢性腰痛の定義

慢性腰痛は日常的なあらゆる場面で痛みを感じます。寝起きや立ち仕事中、座り仕事中、初動時、歩行中、運動中、就寝前等。この場合急性腰痛と異なり動作を中断せねばならないほどの激痛が襲う事はありません。痛みを感じても数秒または数分である一定の痛みレベルまで下がります。そのほとんどは筋・筋膜の一時的な癒着による物で一定時間動かなかった事で少範囲のコラーゲン組織(主に筋膜)に癒着が起こる事り、侵害受容器から脳に痛みの指令が伝わり感じます。

慢性腰痛の症状

3ヶ月以上続く決まった動作での鈍痛で比較的運動中はそれを感じないことが多い。それはコラーゲン組織による痛みを象徴する現象であり、コラーゲンは熱により粘度を変化させる特性がある為です。筋肉の自動運動により発せられた熱は患部の筋膜にまで届き、癒着する筋膜を一時的に解きほぐし柔軟性を向上させ疼痛物質を減少させます。

慢性腰痛の診断

3ヶ月以上自覚する腰痛があるのならそれはすべて慢性腰痛と言う事ができるでしょう。痛みの感じ方は人それぞれであり、他がそれを確認する術を持たない事、また病気ではなく自覚症状の通称でしかありません。

慢性腰痛の治療

慢性腰痛の治療はとても幅がひどく、症状により適切な対処が大きく異なります。分類別症状と対策で確認しましょう。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

椎間関節
仙腸関節
梨状筋
腸腰筋
図】Visible Bodyの提供による画像

ぎっくり腰とは普段感じる脚や腰の痛みの有無にかかわらず、突然の激しい腰痛です。ぎっくり腰は通称であり医学用語的には急性腰痛症と呼ばれます。(以下ぎっくり腰と統一)

ぎっくり腰(急性腰痛症)は様々な要因がありますが、ほとんどの場合それは、椎間関節面または仙腸関節面の過剰興奮(炎症)であり、特に梨状筋および腸腰筋に即時の筋痙攣が伴います。

ぎっくり腰が頻発するする場合は早い段階で専門家に相談する必要があります。繰り返し重度の発作を繰り返す事は軟部組織に永久的な損傷をもたらし、慢性的に強い痛みを伴う仙腸関節障害を引き起こす危険性があります。

ぎっくり腰の定義

ぎっくり腰および仙腸関節症候群は発作の様に発生します。昔からの悪いイメージの様に椎間板が潰れたりズレたりする事はありません。椎間関節や仙腸関節の捻挫に似た様な状態であり、激しい痛みは刺激された軟部組織、関節包、侵害受容器、そして何より体幹を安定させている腸腰筋と梨状筋の激しい痙攣によって引き起こされています。その際に緊張した組織等によりアンバランスに引っ張られ体がねじれたり、時には関節が亜脱臼を起こすことがあります。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は急性で、不適切な対処を繰り返すと激しい痛みと関連する筋群の痙攣が繰り返されます。

ぎっくり腰の診断

ぎっくり腰は積み重ねられた身体の疲労負債の警告サインです。この時点であなたの腰痛は軽度ではなくなりました。これが頻繁に発生している場合は専門家も慎重に詳細を分析する必要があります。不適切な治療とは対処する事しかしない事です。正しい分析が必要です。

ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰の治療は、段階的に考えその都度適切に対処していく事を念頭に入れておかなければなりません。

今日のまとめ

腰痛も大きく分けるとまずは今日勉強した「慢性腰痛」「急性腰痛」に分けることができます。慢性腰痛は「最近腰痛いんだよね」という感じの認識のある痛み。急性腰痛は「きのうぎっくり腰やっちゃって」という認識の痛みです。ちなみにぎっくり腰は急性腰痛症というのが正しい名称です。日本では「ぎっくり腰」という通称、西洋では「魔女の一撃」と言われます。ドイツ語では「ヘクセンシュッス(der Hexenschuss)」といいますがそのまんま「魔女の一撃」です。

今日は今自分の悩んでいる腰痛の大きな2パターンの種類の違いを再認識できました。前回の復習をしてあらためて自分の腰痛タイムラインをチェックし正しい判断材料にしましょう。

では、今日はここまで。

  • Pocket
  • LINEで送る

施術のご予約を受付しております。

世界中の人種を治療し得た豊富な経験より、あなたの複雑で複合化した体の症状を解決いたします。

どこへいっても治らなかった症状一度ご相談ください。

詳細はこちらから

 

おすすめ整体院


 

 

ルッケングルック自然療法整体院 ACA横浜サロンの基本情報


 

住所: 〒116-0011 神奈川県横浜市都筑区仲町台1丁目8-9 フェニックスコート204号室
電話番号: 080-3010-3301
受付時間: 火・水・金・土・日 11:00〜19:00
定休日: 月・木

 

院長経歴


 

院長経歴

厚生労働省認可法人日本カイロプラクティック推進協同組合ACA本部加盟
ドイツACAカイロプラクティック 会長
ドイツACAカイロプラクティック学院 代表
日本ACAスポーツカイロ研究会 理事

2013年〜 ドイツ・デュッセルドルフ院 院長 Rückenglück ACA Düsseldorf
 
2020年〜 日本・横浜院 院長 Rückenglück ACA Yokohama
 
プロレーシングライダーとして世界選手権、ドイツ選手権にて活躍、引退後に治療家に転身、日本にてカイロプラクティック、欧州にて自然療法、認知行動療法、運動療法、筋膜リリース療法を学ぶ。現在は定期的にドイツ院と日本院を行き来して活動中。それぞれの人種の筋骨格系を主に研究しそれぞれに適した療法を提案しています。
 

 

あなたの痛みの問題を解決します


 

あなたの痛みの問題を解決します

ひとりで悩んでいませんか?

・病院や他の治療院で原因不明と言われたが、本当にわからないのか?
・ずっと治療をしているが、いつまでも治らなくまた来てくださいと言われる。
・治療してもらったが、痛みや違和感がなくならない。

ルッケングルック自然療法整体院では、まず自分の身体の状態を知っていただいた上で、最新の療法や、一人一人に合った専門性の高い施術を提供しています。
20年後、30年後も自分の足で歩き引退後の自由な生活のための療法や予防法をあなたと一緒に考えていくサロンです。

 

ルッケングルック自然療法院の根本療法の流れ


 

ルッケングルック自然療法院の根本療法の流れ

ルッケングルック自然療法整体院では一時的に痛みを取るだけでなく根本的改善を施術理念のもと進めていきます。

対処的ではなく根本的に症状を改善することでこの先長く健康寿命を保つことができます。

ルッケングルック自然療法整体院では、正確な触診と超精密療法により根本的に症状改善をお手伝いし、あなたのQOL向上のお手伝いをしたいと考えています。

 

おすすめ記事


 

コメントを残す

*